病院

沈黙の臓器のがん

病院

原発性肝がんの90パーセントは肝細胞から発生する肝細胞がんです。基本的に肝臓がんは原発性肝がんと転移性肝がんがあります。肝炎ウイルスに感染し慢性肝炎を患っていると肝臓がんを発症しやすくなります。治療法は手術の他に、様々な治療法が用意されています。

もっと読む

まずは診察を

相談

悪性リンパ腫はリンパに悪性の腫瘍が出来る血液のがんの一つです。血液のがんなので、全身どこにでも発症する可能性があるのが大きな特徴です。良性の物も存在しますが、素人目には判断できないので、気になる腫れがあった場合は病院で診察を受けましょう。

もっと読む

便に注意して健康維持

女性

直腸がんは肛門に一番近い直腸にできるがんです。直腸がんになると便秘になったり便が細くなるといった症状が出てきます。また便に赤い血液が付着することもあり、それで直腸がんになっていると気づくことも少なくありません。便に血がついていると気づいたら早めに検査を受けることが大切です。

もっと読む

実は恐ろしい肩や首のコリ

先生

一般的な治療

頸部脊柱管狭窄症は症状を抑える薬を使用しつつ、リハビリを行うことが一般的です。脊柱管の狭窄は、手術でなければ改善できない疾患です。ならば、手術をするべきと当然、考えてしまいますが、手術はリスクが高いため、手術を避けるのが一般的なのです。具体的、且つ、代表的なリハビリは、牽引療法、温熱療法、マッサージです。頸部脊柱管狭窄症は首の体勢が大きく影響していますから、牽引療法が有効になるわけです。また、頸部脊柱管狭窄症は患部の筋肉が緊張した状態になっていますので、温熱療法、マッサージにより筋肉の緊張をほぐすことが有効になるのです。温熱療法、マッサージを行うことにより、血行も良くなりますが、そのことも症状の改善には有効です。

医療機関での治療が必要

頸部脊柱管狭窄症の主な症状は、首や肩のコリです。この症状は非常に身近な症状であり、疲れが原因でも発生します。但し、同じ症状であっても疲れと頸部脊柱管狭窄症では大きく異なりますから、注意すべきです。頸部脊柱管狭窄症は放置すると、狭窄は進んでしまいます。そうなると、内臓や神経、血管に悪影響を及ぼすことになりますし、最悪の場合、命を落としてしまうことだってあるのです。従って、首や肩のコリを単なる疲れだとは考えることは禁物です。中々、治らないようでしたら、頸部脊柱管狭窄症を疑い、医療機関を受診すべきです。もっとも、症状を治める薬は市販されていますし、牽引療法も温熱療法もマッサージも医療機関を頼らなくても行うことはできます。ならば、医療機関を受診する必要はないと思ってしまうかもしれませんが、医師の診断で行うのと、個人的に行うのとでは、まったく違いますから、医療機関の受診は必要です。